痛くない小顔矯正エンドリングフェイシャルが学べる神戸小顔カレッジ

カレッジ代表のパッションYUMI☆が、サロン経営やエンドリングフェイシャルの事等をお話しします

売上が上がらない理由

   

こんにちは。

痛くない小顔矯正スクール【神戸小顔カレッジ】代表のパッションYUMI☆です。

売上が上がらない理由

今週は月曜日がヘッドマッサージ特別講習大阪で、火曜日がヘッドマッサージ特別講習東京で、水曜日が卒業生の練習会でヘッドマッサージを再講習するという、ヘッドマッサージ講習三昧の3日間でした。


講習の感想も続々いただいていて

「きちんと理論を知れてよかったです!」とか

「帰って家族にやったら、今までマッサージやっても反応なかったのに、ヘッドマッサージはめちゃ反応ありました」とか

「練習会でいろいろな方の頭を触れてよかったです」

とか言っていただけました。




「きちんと理論のあることを教わる」って案外少ないのかもしれません。




理論があれば結果が出ます。

結果を出すために理論があります。


あたし達セラピストは、結果を出してなんぼやと思うんです。


そしてね、大切なことは
「理論があることをやっている事をお客さんにわかるように伝える」って事です。



お客さんってね、2種類いてるんです。

2種類って「未来のお客さん」と「来てくれたお客さん」です。



未来のお客さんに伝える事が新規集客につながるし、来たお客さんに伝える事がリピートにつながります。



で、で、で、

未来のお客さんにちゃんと伝えたらCPAが下がるし、来たお客さんにちゃんと伝えたらLTVが上がるんです。

パッションYUMI☆のメルマガでマーケティング用語が出たよ!(笑)



CPAって新規集客獲得単価のことです。

一人頭集客するのにいくらかかるか?って値段です。



LTVって顧客生涯価値の事です。

一人のお客さんがいくらあなたのサロンにお金を使うのか?って事です。



商売はCPAさがって、LTVがあがりゃあ売り上げが上がるという仕組みになっています。


それを可能にするのが、結果を出せる技術であることを、お客さんに伝えきるって事なんです。


めずらしくマーケティング用語をつかっておりますが、商売はとってもシンプルなんです。



売上が思わしくない人のほとんどが、この「伝える」ってことを

おざなりにしてる(重要視していない)
伝わった気になっている
自分目線で伝えている

ので、実際は伝わっていないことが多いです。


んじゃあ、どうしたら伝わるんでしょうか?



それはね



お客さんの利点になる事を
お客さんの言葉で
熱い想いで伝えるんですよ。


そしたら、きっと今よりはましに伝わるんじゃないでしょうか?


そうです

自部の頭で考える事なんてせいぜい「今よりはまし」位で思っておいてください。


「自分はちゃんとできてる!」って思うから

CPAも下がらないし、LTVも上がらないんです。



せっかくここまでマーケティングの事話したんで、もうちょっと突っ込んで書きますと

CPAが5000円以下でLTVが10万以上あれば、今日のメルマガは読まないでも大丈夫レベルです!



さて、今日はカレッジの卒業生のお花見です。

おかげで大阪は桜全く咲いておりません(笑)


桜のつぼみの下で、熱くマーケティングの話でもしよっかな~~

-------------------------------------------

あなたは何タイプ?12の質問で分かるサロンオーナーのためのタイプ別集客診断はこちら

サロン開業検定!10の質問に答えてサロン開業できるか診断してみよう!

神戸小顔カレッジHPはこちら

 - サロン経営